Skip to main content

結果


芥川の翻案小説、授業で選ばれた。

ふたつ選ばれた作品のうち、ひとつが全文掲載、もうひとつは冒頭二ページのみ。
後者が私の作品だった。

試行錯誤して書いた作品が、たった二枚の中途半端なものになって配られているのが、すごく悔しくて。

でも講評聞いて納得した。
自分でも書いてるときに違和感を抱いてた部分を指摘されたから。
『翻案として成り立っていない。オチがこうなる答えがない。』
まさにその通り。

全文掲載の子の課題の講評はこうだった。
『ストーリーをほとんどいじらずに書き上げたのが良かった。優等生的な作品。』

確かに私とは真逆の作品だった。

私はアレンジ加えすぎてもはや完全オリジナルみたいになってたから。(笑)

そもそも書いてるときに”翻案とはどうあるべきか“なんてことを考え出す時点で私は駄目なのかも。

でも、そんな私の作品が二ページでも選ばれたのも事実。
その子の作品いっこだけでいいのに。

それについても話してくれた。

『翻案にはなってないけど、雰囲気や細かい描写が僕の好みだった。言葉選びのセンスもいい。書き出しを読んだときに、“あ、いいな” と思った。』

って。授業終わりに先生のところに行ったときも

『この描写とかこれとか僕は好きなんだよね。芥川っぽさも出てる。』

って言って貰えた。

で、気付いた。

私“雰囲気”の翻案してたのか・・・!って。

“っぽく”書くの得意っていうか癖なんだよね。
だからこそ自分の言葉で書くように意識してるけど。

川上弘美っぽく、とか、よしもとばななっぽく、とか
真似することならいくらでも出来る気がする。

でもそれはやっても意味がない。意味のない特技。


でも、ストーリーがめちゃくちゃでも“芥川っぽさ”が出てたことについてと
作品の文章が褒められたことはすごくすごく嬉しかった。

反省点だらけの結果になったけど、“良い失敗”だったと思って次頑張る。

失敗なんていくらでもするつもり。

これも一歩にカウントして次の一歩を頑張る、
















Comments

Popular posts from this blog

2017年に起こってよかったこと。

「今年を漢字一文字で表したら疲労の「疲」しかない」 昨年末、友人や家族と1年を振り返るような話になったとき、私はそう言った。
いつも狂ったように「前向きでいたい!」と自分を鼓舞して生きている人間の私にとって、こんな発言を自らするのは本来屈辱的なはずだったけれど、私の心情はいたってフラットだった。
だって、疲れたのだから。
それはこの1年の否定でも肯定でもなくて、ただただ、私が抱える事実だった。
2017年の元旦の夜の私には未来への期待しかなかった。 「今年は絶対変わるんだ、毎日をキラキラさせて夢に邁進するんだ」 という炎のような野望を抱いて、それを燃料にしてやみくもに前へ前へと動いた。
元旦の日も、寝正月なんてするもんか、と「今から初詣行こうよ!」と日も暮れたころに地元の親友を呼び出して鶴岡八幡宮で初詣へ行った。人生で初めて書く絵馬には「人生を自分で切り開く」と書いた。それから夜遅くまで鎌倉のカフェで互いの近況と今年の抱負を語り合い、帰路につくころにはすっかり心のエンジンがかかっていた。
家までの道を月を見上げて歩きながら、ふと「今年の一曲を決めよう」とapple musicの曲をシャッフルした。シャッフルをタップして、間髪入れずに力強いピアノのイントロが流れた瞬間を、私は一生忘れないと思う。
その一音目は私の脳天を直撃して、脳と心を震わせた。
思わず立ち止まって目を見開き、息を飲むほどその曲との出会いは衝撃的だった。
「素晴らしく好きな曲に出会ってしまった」と思った。
その夜書いたブログも残っている。
2017年最初に書いたブログ
そもそも、その曲をダウンロードしたのは「スターウォーズ・ローグワン」を見に行った日本橋の映画館に貼ってあったポスターにやっぱり同じような衝撃を受けたからだった。
「何このポスター、好き!」と思って、サントラをダウンロードした。それを初めて聞いたのが元旦の夜だったのだ。
親友との楽しい会話の余韻と、リズミカルな美しい音色、空には月や星が輝いていて、元旦の夜の澄んだ空気からは幸福と希望の匂いしかしなかった。駆け出したいほどの高揚感を抱いて、私は「最高の夜だ、最高の1年にできる」と確信した。お酒も入ってなかったし、恋人とも別れたばかりだったけれど、最高に晴れやかな気分だった。
だから疲れたのだ。
まるで思い通りにはいかない1年だった。 挫折…