Skip to main content


誰かに対しての説明できないような衝動を私は知らないかもしれない。

それも、抑えが効かないくらいの衝動を。

誰かのつくったものや言葉になら、衝動に駆られるのに。

声、とか、顔、とか、そういうものに
ほんとのほんとに身体の真ん中から衝動に駆られたことって、多分、ない。

だからたとえば電話越しに涙を流したあのひとの気持ちとか
急に怒り出したあのひとの気持ちとか
それこそ分かったふりして、本当は全然分からなかった。

私の「好きです」は買わない方がいい。
「やっぱり違うみたい」とセットで売っているから。





Comments