Skip to main content


学校で出された課題がどうしても書けない。芥川の「妙な話」の翻案小説を書けってやつ。
赤色を「運命」のモチーフしてみたけど、全然進まない。

なんでこんなに悩んでしまうのかって考えたら、何も伝えたいことがないからだって結論に行き着いた。
そもそも芥川の「妙な話」を理解できていない状態で翻案なんて出来ないです、先生。

「しのごの言わずに書け!書く練習だ!」って言って欲しい。
「翻案」だと思うとなんかもう悩み過ぎて進まない。


国語のテストでよくある
「作者の意見として正しいものをひとつ選びなさい。」って問題。
もし私が今書いてるものが問題になったらもう大変だ。だってこれはなんの意見も持っていない。
もしも「作品を理解せずに書く翻案はとんでもなく退屈である。」って選択肢があればそれが正解だ。


でも、課題は課題だから、最後まで書いて完成させる。

(意味を持たすには文章力ありきなのです。生意気なこと言うよりも書く練習をしろということです。)


Comments

Popular posts from this blog

恋人の話

恋人の話を何度も書こうとしてやめた。言葉が追いつかなかった。言葉にしたら嘘みたいで、作り物みたいで、それも嫌で。

「金木犀が香る頃手を繋ぎ始めたその人の隣で、私は沈丁花の香りが連れてくる春に気づいた。」

ほらもう、嘘みたいだ。

私は恋が好きで、一生恋に恋して生きてくのかもしれないなあと、半ば人を好きになることを諦めていた頃に、今の恋人に出会って、気づいたら恋よりその人自身を好きになっていた。

掻き立てられて走り出して会いに行ったり、分かってるのにどっちも言い出さなかったり、そんな瞬間は最高だけど、その先にはもっと素敵なものがあることを今の恋人が教えてくれた。


本当に好きになったら、その人の替わりはいないみたいだ。優しさも脆さも強さも、恋人を作る要素すべて、ひとつだって欠けたらだめ

ふとしたときも、そうじゃないときも、だいたいいつも恋人のことが頭をよぎるし、開いた本の失恋物語も、いつか自分が体験するのかもしれないと思うと泣きそうになる。春の夜に観覧車にも乗りたいし、ワインを飲みながらずっと話していたい。私がおばあちゃんになっても手を繋いでほしいし、私の25歳の春も夏も秋も冬も、どんなシーンにもそこに恋人がいてほしい。毎日台風で、布団の暗がりの中で生きていけるなら最高だ、いっそ猫になって隣で丸くなって眠れたらどんなに幸せだろう、そんなことを思うほど、この恋を失うのが怖い。


早く夏が来てほしい。だってまだ夏の夜にアイスを買いにコンビニまで散歩したことないから。もしもこの恋が終わってしまったとしても、きっと私は何度も、幾つになっても、最初に恋人の部屋に行ったあの夜と、展望台からの夜景のことを、思い出す。


ほら、結局、恋人に関して、言いたいことなんてまとめられない。

締めの言葉も見つからない。だからそれっぽいことを書いておこう。

「世界は広いけど、恋人がいる場所が宇宙の真ん中だ。」