Skip to main content


翻案小説、やっと書き終えた!

今回なかなか大変だった〜
徹夜なんて良くないって知った〜

朝起きて一時間集中して書く方がずっとずっと筆が進む。


でも、翻案小説のポイントが自分なりに少しは掴めた。
翻案するモチーフをいくつか決めることと、基盤を決めることが、何より大事だと思った。

今回の芥川「妙な話」で私が組み込んだモチーフは“赤”。
基盤にしたのは“日常の中に潜む異次元”。

最初それを決めずに書こうとしてたから、
“っぽいもの”感がすごくて、まとまりない小説だった。

でも上のふたつを明確にしてから書き始めたら、ちゃんと終わりが見えるようになった。





この課題は心技体の“技”の部分の練習になった!先生ありがとう!


最後までしっかり書き終えたときの達成感ってすごく気分がいい。



ということで、今夜からはドストエフスキー「罪と罰」の論文を書くのだ



Comments

  1. いつか読ませてよ、くうの作品!

    ReplyDelete
  2. いつかと言わずいつでも!!笑

    ReplyDelete

Post a Comment

Popular posts from this blog

5月とは思えないほど冷え込んだ朝に、私も季節違いの夢を見た。 懐かしい人の夢だった。 妙に冴えた起き抜けの頭で、あの日々を思い出していたら、出会ったときのその人の年齢を自分が数年前に超えてしまっていたことに気付いた。最後に渡した手紙を、今でも持っていてくれてるんだろうか。私はたった一言以外、何を書いたかは忘れてしまったけれど。