Skip to main content

思考と本能。



昨日の夜中はお友達と
「人間は本能と思考の両方を持っているから複雑だ」
というお話をしていました。(笑)

「人間は考える葦である」
だからこそ後悔をする生き物なんですね。

これは哲学科のお友達に言われて気付いた。

どうしても私は浪漫主義で概念的な見方をしてしまうから、
こうやって違う切り口からの見方を教えてくれる人と話すのがとても楽しい。

私は「歌う」とか「演じる」の本質を考えるとドキドキする。

人は歌わなくても生きていける。
演じなくても生きていける。
もっと言ってしまえば、言語がなくて人間は生きていける。

だって“コミュニケーション”は人間の三大欲求ではないから。
コミュケーションがなくても体は機能する。

でもそれじゃあ人間の“情動”は収まらない。

きっと最初は音だった。
抑えきれない情動をなんとか形にしたくて、音を鳴らしたはずだ。
そしてその後、うめき声や笑い声、泣き声なんかも生まれたんじゃないかな。

でも目の前にいる人にもっと多くの感情を伝えたい、知りたい、
「もっと、誰かと関わりたい。」
そんな情動から言語が生まれたのだと思う。


歌も、演劇も、
メッセージよりも情動がもとにあって生まれたものだと思う。
そのあとそこに歌詞やテーマをのせてメッセージになっていったのが今だけれど、
なんもかんも、全部核は“情動”じゃないかと思うのです。

だから私は“情動”で芸術を始めたすべての人に惹かれる。

強い情動から生まれた作品って、その作品に触れた人の情動も喚起すると思う。

そこに思考やら感性やらくっついて良いものが出来ていく。

芸術って素敵



情動ありきで、感性やら技術、何より経験を育てていきたいと思います。
経験は思考じゃ補えないもんね。見て聞いて感じて話して触れて。
そうじゃないと気づけないことは沢山ある。それは価値のあるもの。

だから自分の足をちゃんと動かして世界に飛び込んでいきたいな。








Comments

Popular posts from this blog

日々

恋人が「これあなた好きそう」と言うときは、本当に毎回、私の趣味にぴったりだから驚く。昨日は「独身女性が毎回やさぐれながらご飯を作る韓国ドラマ」っていうすごくニッチなものですら、概要話しただけで(ほぼこの通りに言った)「ああ、好きそうね」と言ってきた。なんで分かるんだろう、ほんとにすごい。 恋人は優しい。今まで出会った男性の中で1番優しい。優しくて優しくて、その1番の優しさがどうか他の人に向きませんように、ああこの優しさを過去にも誰かが貰っていたのか、と思って無駄な嫉妬心を抱いてしまうほど、優しい。
普通の男性なら怒るところを怒らないし、つまらないプライドが全然ない。だけど誇りも芯もある。加えて、愛嬌と可愛らしさもある。誰が見ても好青年だし、誠実だ。不器用なところもあるけど、器用な嘘つきより、不器用で一生懸命な人の方がずっとずっと魅力的だ。
恋人の隣にいるととても安心する。ありのままの自分を受け入れてもらえることはこんなにも素晴らしい気分になれるんだなあと私は生まれて初めての気分を毎日発見する。

夜はよく眠れるし、苦手な朝も少しだけ頑張ろうと思える。私は素直じゃないから、少女漫画かってくらい本人の前では意地悪なことばかり口にしてしまうのだけど、本当はいつも、恋人のことを考えている。
わかち合う日々は、愛しい。 雨の匂いとか、犬が可愛いとか、さぼりたいねとか、そんなことを言い合える日々。
梅雨が終われば夏がくる。平成最後の夏だ。必死に紫外線と直射日光を避けながら、私はあなたと色んなものを見て、食べて、聞いて、考えて、この夏を駆け抜けたい。