Skip to main content

kotoba.




本にうもれて死ぬのは嫌だけど

あんまりにも素敵な言葉に息が止まってしまったら

それはそんなに、悪くはないかも。


でも 息が止まる前にもっと素敵な言葉を
見つけたり、紡いだり、それから包んだり飛ばしたりしたいから

やっぱりそれは、良くないな。

それに

私が知っている言葉よりもっともっと素敵な言葉がこの世界には沢山あるわけで。
他の国の言葉のことなんて、全然知らないわけで。

「あいしてる」より愛しちゃってる表現があるかもしれない
「おいしい」よりほっぺが落ちちゃう表現があるかもしれない
(ほっぺが落ちちゃうっていいことば)

もしかしたら

名前を知らない色もあるかもしれない
名前を知らない感情もあるかもしれない


日本語では名前を与えられていないけれど
他の言語では名前を与えられているものが沢山あるかもしれない


名前を与えられていないから
私たちはそれらを認識できていないだけかもしれない

ということは

私たちの世界にはあるのにないものが沢山あるってことかな
あるのに、ないもの。
あるのに、見えないもの。


名前がついて人間になるわけじゃないけれど、
名前がつかなかったらそれは、誰

あなた わたし きみ かれ かのじょ

それも名前

ひと

それも名前

名前がなくても確かにそこに存在しているのに
名前がないから私たちの世界に存在しないものもある。

良いとか、悪いとかじゃなくて、

私たちは、言葉に少なからず支配されている

わたしは言葉が好きだから
自分の世界を少しでも今より豊かにするために、
もっと沢山言葉を知りたい

きっとそれが言葉じゃない人もいる
音楽とか 絵とか お洋服とか いろいろ。

でも私は言葉の世界、好きだから
支配されるのも悪くないって思う

名前がないなら、つける。


とびっきりの、息が止まるほどの素敵な名前を、言葉を、

知り尽くすまで、息は止められない。







Comments

Popular posts from this blog

野暮

つらつら書いた長文をそっと消した。変に綺麗な言葉でドラマティックにまとめるのは、今の私には野暮なことに思えてしまう。iphoneのメモ帳に並ぶ言葉はまるで小説の一ページみたいで、私の言葉じゃない気がして「なんか違う」と急に嫌になった。

ずっと聴いてた歌の意味は、分かったふりをして分かってなかったんだなって思う
聞き飽きるほど毎日聴いてたのに、一フレーズ目から違う風に聞こえた。
あの頃私がこの歌に心打たれたのは、こんな歌を歌う人が世界にいるなら、もう少しだけ未来を信じてみようと思ったから。出口のない日々の中で、いっそのこと、と思ったときも、この歌を聴くと、こんな風にいつか私も誰かを思う事が出来るのかもしれないから、もう少しだけ生きて大人になろうと思った。
そういうことを、最近よく思い出すのはなんでだろう。