Skip to main content

となり街。鎌倉。



鎌倉には川喜多記念映画館という名画座があります。
私は鎌倉のとなり町の逗子に住んでいて、さらにはで高校生の頃から鎌倉でアルバイトをしていたくせに、鎌倉にそんな素敵な場所があることを知らなくて。

今回そこで素敵な企画展をやっているということを知って、初めて訪れてみました。
川喜多映画記念映画館は、日本の映画文化に貢献した川喜多夫妻の旧宅の土地に建てられているんです。




とっても素敵なお庭と和風の建物。ここで映画が上映されたり、ワークショップが開かれたりしています。映画にまつわる資料も沢山。




今は「映画に見るフランス 憧れのパリ」という企画展をやっています。


日本公開当時の名作フランス映画のポスターの数々が展示されていたり、
台本や招待状なんかの貴重な資料も展示されていました。
もう、可愛くってお洒落で華やかで、見てるだけでうきうきしちゃいました。

ポスターの色づかいもすっごく可愛い。


名女優、俳優のパネルも展示されていて、うっとりします。
特にフランスの女優さんの美女ぐあいには、本当に溜息が出てしまって。
BBことブリジッド・バルドーはまさに“小悪魔”的な可愛さと美しさ。


ちなみに私は「ラ・ブーム」のときのソフィー・マルソーが大好きです。
天使の笑顔ってこういうことだなあって。


パリにまつわる新旧の名作の数々も上映されているので、是非足を運んで見て下さい。
資料展示だけでも楽しめます。(しかも入場料二百円)

名画座のあとは、ぷらぷらお散歩してこんな可愛いお店に出逢いました。




すごい種類の手作りジャムの甘い香りでいっぱいのお店でした。
ここで売っていたトマトジュースが本当に甘くて美味しくて。
毎日飲みたい。通いたい。




クッキーもバターの味がちゃんとする、手作りの味でした。



いつも混んでる小町通りや八幡宮もいいけれど、裏駅の方も楽しめるんです。
私のおすすめは駅出てすぐにある「たらば書房」。

一見普通の小さな本屋さんなんだけど、置いてある本が秀逸。
特に思想や芸術のコーナーのハードカバーの本はどれも本当に魅力的なものばかり。
表情のある本屋さんです、本を愛する人には是非足を運んで欲しい。

十年先も、あの本屋さんがありますように。
ああいう本屋さんが求められる世の中でありますように。


鎌倉散歩の休日でした。


Comments

Popular posts from this blog

野暮

つらつら書いた長文をそっと消した。変に綺麗な言葉でドラマティックにまとめるのは、今の私には野暮なことに思えてしまう。iphoneのメモ帳に並ぶ言葉はまるで小説の一ページみたいで、私の言葉じゃない気がして「なんか違う」と急に嫌になった。

ずっと聴いてた歌の意味は、分かったふりをして分かってなかったんだなって思う
聞き飽きるほど毎日聴いてたのに、一フレーズ目から違う風に聞こえた。
あの頃私がこの歌に心打たれたのは、こんな歌を歌う人が世界にいるなら、もう少しだけ未来を信じてみようと思ったから。出口のない日々の中で、いっそのこと、と思ったときも、この歌を聴くと、こんな風にいつか私も誰かを思う事が出来るのかもしれないから、もう少しだけ生きて大人になろうと思った。
そういうことを、最近よく思い出すのはなんでだろう。