Skip to main content

海の映画館。




疲れてぐっすり眠って お腹を空かせてぱちりと目を覚ます。

こんなシンプルなことが根っこから人を支えている。
これが崩れると、少しずつおちていく。そう思う。


さて、昨日から始まった逗子海岸映画祭でボランティアをやっています。

海では人と人がどこまでも繋がっていて
「やあ」「どうも」「やっほー」がそこらじゅうに溢れてる。

この街で繋がる人が私にはあんまり居ないから、それがすごくまぶしい。
うちの家族みんな、いつも忙しくて外へ外へと出て行って、この街というよりこの家に住んでいるだけのような生活だから、それがなんだか寂しくて。
でも私がこの街と少しでも繋がれば、家族もきっと繋がってくれる、かな。

私もいつもひとりでふらふらしちゃうけど、
人と出会うことをさぼり過ぎると人生が退屈になってしまうと思ったよ。

自分の日常はしっかり演出してあげよう、と小さく決意しました。



よし、今日も海に行ってきます。





Comments

Popular posts from this blog

5月とは思えないほど冷え込んだ朝に、私も季節違いの夢を見た。 懐かしい人の夢だった。 妙に冴えた起き抜けの頭で、あの日々を思い出していたら、出会ったときのその人の年齢を自分が数年前に超えてしまっていたことに気付いた。最後に渡した手紙を、今でも持っていてくれてるんだろうか。私はたった一言以外、何を書いたかは忘れてしまったけれど。