Skip to main content

梅雨明け.



昨日、授業で自分の作品を合評してもらいました。

映画祭中に書いた初めての詩を。

昨日がくるまでに何度も読み返しては
「なんでこんなこっぱずかしい詩を書いてしまったんだろう」と
転げ回りたいほどに羞恥心に苦しんでいましたが

詩とはそういうものだろうと開き直って授業に臨みました。

そしたら、「この詩が好きだ」と言ってくれる人が何人もいて。
先生には「ビギナーズラックだね」という言葉を頂き。(私には十分褒め言葉)

何より嬉しかったのは「詩を書きたくなった」という言葉でした。

ああ やっぱり書くことが好きだなあと、痛感。

小説を書きたくてこの学科へ来たけれど、
あのとき初めて詩を書いたときに「こっちの方が合ってるかも。」と思ったのは
間違ってなかったのかもしれません。

昨日プレゼミの先生が「小説はスポーツだ」と言っていたように
小説にはプロットや地道な描写や何より量が必要で。

私の一番の苦手なものは「コツコツ」なんです。そういうことです。
でもいつか、必ず。

今はちゃんとそういう忍耐力を練習で養います。


そして俳句や詩を書いてるときのひらめきや
言葉をふるいにかけて選び取っていく作業は

とてもとても、楽しいのです。


ずっとそればっかりやっていたくなるくらい、楽しいんです。


つまり、そういうことなんだと思います。





Comments

Popular posts from this blog

野暮

つらつら書いた長文をそっと消した。変に綺麗な言葉でドラマティックにまとめるのは、今の私には野暮なことに思えてしまう。iphoneのメモ帳に並ぶ言葉はまるで小説の一ページみたいで、私の言葉じゃない気がして「なんか違う」と急に嫌になった。

ずっと聴いてた歌の意味は、分かったふりをして分かってなかったんだなって思う
聞き飽きるほど毎日聴いてたのに、一フレーズ目から違う風に聞こえた。
あの頃私がこの歌に心打たれたのは、こんな歌を歌う人が世界にいるなら、もう少しだけ未来を信じてみようと思ったから。出口のない日々の中で、いっそのこと、と思ったときも、この歌を聴くと、こんな風にいつか私も誰かを思う事が出来るのかもしれないから、もう少しだけ生きて大人になろうと思った。
そういうことを、最近よく思い出すのはなんでだろう。