Skip to main content

いい夜の定義



いい夜とは

言葉を紡ぎたくなる夜である。

そして言葉とは粒である。

瑞々しい粒。

雨粒のようにぱらぱら降って
アスファルトを湿らすように
不思議な匂いをさせながら 広がる。


言葉は粒。
とりとめのない粒。

一粒つまんで君にぶつけたい。

どんな顔をするんだろうか。





Comments

Popular posts from this blog

野暮

つらつら書いた長文をそっと消した。変に綺麗な言葉でドラマティックにまとめるのは、今の私には野暮なことに思えてしまう。iphoneのメモ帳に並ぶ言葉はまるで小説の一ページみたいで、私の言葉じゃない気がして「なんか違う」と急に嫌になった。

ずっと聴いてた歌の意味は、分かったふりをして分かってなかったんだなって思う
聞き飽きるほど毎日聴いてたのに、一フレーズ目から違う風に聞こえた。
あの頃私がこの歌に心打たれたのは、こんな歌を歌う人が世界にいるなら、もう少しだけ未来を信じてみようと思ったから。出口のない日々の中で、いっそのこと、と思ったときも、この歌を聴くと、こんな風にいつか私も誰かを思う事が出来るのかもしれないから、もう少しだけ生きて大人になろうと思った。
そういうことを、最近よく思い出すのはなんでだろう。