Skip to main content


おわりとはじまりは手と手をつないで

ゴールのないリレーみたいにぐるぐる回る

「春は別れと出会いの季節です」

桜の中で少し宇宙の真理にふれる







Comments

  1. わ 輪 和 話 環 羽 我

    全部、「わ」という漢字。

    輪廻、天使、羽、卵、生命。

    わっかには何か人間の本質のようなものも見え隠れする。

    わ =(わ)

    1対√2のような、白銀比、これは四角形の話だけれど、○と□も△も×も罰も罪も、丸も縁も円もすべては宇宙の真理の一つ。僕らは誰の手のひらで転がるのだろうか。

    ReplyDelete
    Replies
    1. コメントありがとうございます。
      ほんとだ。「わ」の漢字ってなんだかどれも神秘的。
      素敵な解釈だなあ。

      Delete

Post a Comment

Popular posts from this blog

野暮

つらつら書いた長文をそっと消した。変に綺麗な言葉でドラマティックにまとめるのは、今の私には野暮なことに思えてしまう。iphoneのメモ帳に並ぶ言葉はまるで小説の一ページみたいで、私の言葉じゃない気がして「なんか違う」と急に嫌になった。

ずっと聴いてた歌の意味は、分かったふりをして分かってなかったんだなって思う
聞き飽きるほど毎日聴いてたのに、一フレーズ目から違う風に聞こえた。
あの頃私がこの歌に心打たれたのは、こんな歌を歌う人が世界にいるなら、もう少しだけ未来を信じてみようと思ったから。出口のない日々の中で、いっそのこと、と思ったときも、この歌を聴くと、こんな風にいつか私も誰かを思う事が出来るのかもしれないから、もう少しだけ生きて大人になろうと思った。
そういうことを、最近よく思い出すのはなんでだろう。