Skip to main content

街の光





私には、どこか知らない街に行ったときにいつも思い出す言葉がある。

「観光とは光を観ることです。町の輝きを感じて下さい。」


母の知り合いで、ニューヨークに住んでいる写真家の人が、私がニューヨークへ遊びに行ったときにメールでくれた言葉。


この言葉を貰ったときから、旅行に対する心構えのようなものが変わった気がする。

行きたかったお店が定休日でも、
時間がなくて行きたい所全てに行けなくても、
電車を乗り間違えてタイムロスしても、

街の光さえ感じられれば、それでいいんだって思うようになった。


ニューヨークなら、
エンパイアから見る、息が止まりそうな夜景。
朝のセントラルパークの草についた朝露。
空にひしめくネオン看板。
夜でも消えないピザ屋の灯り。


全部街の光。


今週、友達と二人で一泊二日の岩手旅行に行って来た。



往復の新感線の時間以外は宿も観光する所もノープランで出発した旅行。

疲れ果てて食べた冷麺が本当に美味しかったり、
電車乗り間違えて何もない山のふもとに降りたり、
ホテルの部屋でプリン食べたり、
地元の人に教えてもらったパン屋さんで朝ご飯食べたり、
最近のこと話したり、昔のこと話したり、

すごく楽しかった。


街はとても静かだった。東京よりずっと涼しくて、少し寒いほどだった。
でも出会う人みんな、とても暖かく接してくれて、これがこの街の光だって思った。



大好きな宮沢賢治の童話村にも行って来た。

私と同じ世代の子なら、
きっと国語の教科書で宮沢賢治の「やまなし」を読んだことがあるはず。
ストーリーは覚えてなくても、この言葉は覚えてるんじゃないかな。

「クラムボンはわらったよ。」
「クラムボンはかぷかぷわらったよ。」


http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/46605_31178.html(ここで読めます)


宮沢賢治の言葉は
一文一文はシンプルに見えるのに、でもそれが幾つも繋がって
誰にも真似出来ない美しさのある文章になっている。

私なんかには語れないけど、でも綺麗だなって思う。

特に口に出して読んでみると、その響きの美しさに驚く。


童話村、また行きたいな。


宮沢賢治の本、読み直したくなった。
















Comments

Popular posts from this blog

おなかが空いたから帰りたい

ふつふつと煮えたお湯、あちちと触る耳たぶ、半熟卵、とろりとした黄身、ひんやりマヨネーズ。文字面だけで楽しくてわくわくしてしまう。食べることは楽しい。何の為に生きてるんだっけ?とかそんなことを考えなくてよくなる。美味しいご飯を食べているとき、私はそのために生きているのだと思える。食べることは生きることだ。食べ方が粋な人は生き方も粋かもしれないし、見栄っ張りな食べ物ばっかり選ぶ人ってやっぱり見栄っ張り。食べることに無頓着な人は生きることにもあまり執着してなかったりする。(これは食べる量の話でもグルメかどうかとかそういうことでもない)
近頃変な食べ方をしなくなった。ちゃんとお腹がすくし、心と食欲はしっかり連動している。朝は食べないことが多いけど、ミルクとガムシロップを一つずつ入れたアイスコーヒーと無塩のトマトジュースがあれば十分だ。昼は自分で作ったご飯を食べるのが好きで、ちゃんと切った野菜や手作りのドレッシングを食べていると、自分が自分を大切にしていられることに少し安心する。夜は誰かが作ったご飯が食べたい。レストランでも、家でも、どちらでもいいから、ちゃんと火と気持ちの通ったご飯を食べると「今日も頑張ったね」と言われているような気分になる。出来ればあたたかいものが良い。休日の朝は手間暇かけたい。一晩卵液に漬けたフレンチトーストを焼いたり、丁寧にコーヒーを入れたり。朝をゆっくり過ごせる贅沢を味わい尽くしたい。そのあと二度寝するのも大好き。
食卓は生活で、帰る場所で、出かける場所だ。少し前まで恋人の部屋には食卓がなかった。背の低いガラステーブルにお皿を並べて、クッションに座り(もしくは正座)、テレビを見ながらご飯を食べていた。私はそれが嫌で、「ご飯をちゃんと食べたいし、食卓ではちゃんと会話がしたい」とぼやいた。するとしばらくして、恋人はソファーをどこかへやってしまった。一人暮らしのそう広くはない部屋だけど、ソファーが消えるとがらんとして広く見えた。だけどすぐにそこに背の高いテーブルセットがやってきた。椅子がふたつ、向かい合って座ることも出来る。そこにテーブルマットをひいて、恋人が作ったカレーを食べた。すっごく胃に沁みた。瀬尾まい子さんの「幸福な食卓」のワンシーンみたいだとか思いながらもぐもぐ食べた。平日の朝は私が何も食べないので、私が低血圧に苦しんでいる間に恋人は食卓でわりとし…