Skip to main content

夏の裁断



島本理生さんの新刊「夏の裁断」を鎌倉で買って、そのまま読んだ。

そしたら、偶然鎌倉が舞台で、「道沿いのドラッグストア」とか多分あそこか、って分かるから不思議な気分になった。

13歳で島本理生さんの「ナラタージュ」を読んだ。
あんなに心が揺さぶられた恋愛小説は初めてで、まだ体験したこともない恋愛の行方と、まさにそのとき感じていた「訳も分からずとにかく心の底から好きになってしまう」奇跡と苦しさがそこにはあった。主人公は大学生で、私はもう彼女の年齢を越えてしまったけれど、どんな恋をしても、ナラタージュを読むときに思い出すのはたった一人、あの人だけ。

絶対忘れないって思える綺麗な一瞬だけは、本当に真空パックみたいに心の中に閉じ込めていられると教えて貰った小説、


ところで、「夏の裁断」良かったです。

再生の物語かは分からないけど
最後の一行に救われました。
どんな物語にも、ひとかけらの救いが欲しい。



Comments