Skip to main content

大学生が終わっていく

次の冬が終わって春がきたら大学生が終わる

朝まで本読んで
ミニシアター系の映画を毎週何本も観に行って
夜は小劇場に演劇観に行って
好きなお洋服買って
色んな髪型、色にして
色んな人とご飯食べて
休みが取れれば海外旅行して
テストは簡単で先生は優しくて
恋愛は好奇心を満たせればよくて
ふと思い立って留学して

そんなことにとても一生懸命な4年間だったな



Comments

Popular posts from this blog

カムチャッカの若者が きりんの夢を見ているとき

少しの時間だけど一緒にいた人が、日本を自転車で世界一周しているらしい

本当にハチクロの竹本くんじゃん。と思った。でもすごくその人らしくて良い。


私にはないものを沢山持っていた。歌も景色も言葉も。
私の書く言葉を素敵だと言ってくれたことが本当に嬉しかった。

短い季節だったのに、とてもよく覚えている。


探し物を見つけられますようにと私が祈らなくても、その人は毎日何かを見つけながら旅をしていくことを、私は知っている。

世界中どこにいても、いつも誰かに囲まれていて、全然一人じゃないの、すごい。

どんな人生を歩むんだろう。いつか笑って会えたらいいな。

------
二十億光年の孤独   谷川俊太郎 人類は小さな球の上で 眠り起きそして働き ときどき火星に仲間を欲しがったりする 火星人は小さな球の上で 何をしてるか 僕は知らない (或いは ネリリし キルルし ハララしているか) しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする それはまったくたしかなことだ 万有引力とは ひき合う孤独の力である 宇宙はひずんでいる それ故みんなはもとめ合う 宇宙はどんどん膨らんでゆく それ故みんなは不安である 二十億光年の孤独に 僕は思わずくしゃみをした
------