Saturday, November 21, 2015



書くってどんなことか忘れかけてた!


「妥協せずに自分の言葉で書くこと」
「ぐっとのめり込んで書いた文章しか伝わらない」

この二つを私は、高校生の時に先生に教わったんだった。


それは英語でも全く変わらないんだと気付いた。

私の言葉で書く。
もちろんそれは何でも好き放題ではなくて
届けたい人がいるから届くように書くんだけど。

入試のとき、志望動機のテンプレみたいな文章(他の先生からは褒められていた)を「全然だめだよ」って言われたときのこと思い出した


マニュアルが「いい」って言ってても、
それが私の心から出た言葉じゃなかったら意味がないんだ。


私は嘘つきだけど、文章には嘘つきたくない。
時々、つくんだけど。つくんだけど、それでも、なるべく。


英語と日本語は違うけど、それは私の言葉には変わりない。



はっとした。

No comments:

Post a Comment