Skip to main content

幸せは




幸せは帰りの電車

楽しかった1日の余韻と
明日の楽しみを
膝の上に乗っけて

がたんごとん揺られてると
幸せはここにあるなあと思う


スペシャルな日曜日は
1週間のブースターだ



1番早いお誕生日プレゼント貰っちゃった


「いつも助けてもらってばかりだから」って言われたけど

私はもう沢山貰ってるし
沢山助けられて甘やかされてる


みんな知らないんだな
そこにいてくれるだけで
私にとっては十分って

嘘じゃなくて本当に

疲れてるときに
あの子が無邪気に笑ってくれたり

ワガママ聞いてくれたり

夜中に電話で愚痴を延々聞いてくれたり

みんなに本当に甘やかされてる





誰に何を言われても
私はとても幸せなのです





Comments

Popular posts from this blog

野暮

つらつら書いた長文をそっと消した。変に綺麗な言葉でドラマティックにまとめるのは、今の私には野暮なことに思えてしまう。iphoneのメモ帳に並ぶ言葉はまるで小説の一ページみたいで、私の言葉じゃない気がして「なんか違う」と急に嫌になった。

ずっと聴いてた歌の意味は、分かったふりをして分かってなかったんだなって思う
聞き飽きるほど毎日聴いてたのに、一フレーズ目から違う風に聞こえた。
あの頃私がこの歌に心打たれたのは、こんな歌を歌う人が世界にいるなら、もう少しだけ未来を信じてみようと思ったから。出口のない日々の中で、いっそのこと、と思ったときも、この歌を聴くと、こんな風にいつか私も誰かを思う事が出来るのかもしれないから、もう少しだけ生きて大人になろうと思った。
そういうことを、最近よく思い出すのはなんでだろう。