Skip to main content

才能



朝の議題は「才能」について。


私は誰にでも才能の根っこが生まれたときからあると思ってる。

それは男の人に媚びる才能かもしれないし
嘘をつく才能かもしれない。

暗記力 想像力

どんなに細かい作業もこなせる手

絶妙なバランスで愛嬌のある顔

人の心に響く透き通った声かも



それに気付かないで死んでしまう人もいれば
気付いて、そこを磨いて、偉大になる人もいると思う
もしかしたら悪名高い人にもなってしまうかも
「ちょっと得意だな」で終わらせる人もいるかも


それは小さな芽で
気付いても気付かなくても
育てても育てなくてもいい


でも、あるって思う



と、伝えられないのは能力不足だ




Comments

Popular posts from this blog

野暮

つらつら書いた長文をそっと消した。変に綺麗な言葉でドラマティックにまとめるのは、今の私には野暮なことに思えてしまう。iphoneのメモ帳に並ぶ言葉はまるで小説の一ページみたいで、私の言葉じゃない気がして「なんか違う」と急に嫌になった。

ずっと聴いてた歌の意味は、分かったふりをして分かってなかったんだなって思う
聞き飽きるほど毎日聴いてたのに、一フレーズ目から違う風に聞こえた。
あの頃私がこの歌に心打たれたのは、こんな歌を歌う人が世界にいるなら、もう少しだけ未来を信じてみようと思ったから。出口のない日々の中で、いっそのこと、と思ったときも、この歌を聴くと、こんな風にいつか私も誰かを思う事が出来るのかもしれないから、もう少しだけ生きて大人になろうと思った。
そういうことを、最近よく思い出すのはなんでだろう。