Sunday, November 15, 2015

「パリ市民の安全と平和を願うプロフィール写真を設定しよう。」


Facebookが私に、
「Change your profile picture to support France and the people of Paris.」(パリ市民の安全と平和を願うプロフィール写真を設定しよう。)と言う。


イムラインは、「プロフィール写真を変更しました」の通知と共にトリコロール一色だ。


それはパリに向けられた人々の善意で、愛で、行動だ。



けれど同日にレバノンでは2つの自爆テロで40人以上が死亡する事件が起こっていて
イラクでは“イスラム国”によって殺害された数十人の女性の遺体が埋められた穴が見つかったそうだ。

もちろん、パリの同時多発テロは衝撃的で陰惨な事件だ。

彼らの命に優劣はなく、同じように尊く悼むべき命ではないのだろうか。

フランス、特にパリに住む友人たちとは連絡が取れたけれど、とても心配だ。
同時に世界中に住むムスリムの友人達のことを思うと、とても気がかりだ。


パリ、フランスで暮らす人々の心に安心が、一刻も早く訪れますようにと願う。
そして同じように、レバノンで、シリアで、イラクで、世界の全ての場所で暮らす人々の生活に安全が訪れてほしいと願う。



私はFacebookのアイコンはフランスの国旗にする代わりに、これをきっかけにもっとしっかり情報に敏感になって、一体世界では何が起きているのかという事実から目を背けず、「知る」ことを続けようと思った。











No comments:

Post a Comment