Thursday, December 10, 2015



眠くて眠くて仕方のないときがある。

どんなに寝てもまだ夢の中みたいで

瞼の裏にまどろみが住みついてしまったような

ぷかぷか朝もやの中に浮かんでるような

そんな眠気が、緩くなった蛇口かポツポツと垂れる水のように、絶えず降り注ぐ



眠くて眠くて仕方ない。


無理矢理にでも外に出ないと
まどろみにつかまって
違う世界に行ってしまいそう



No comments:

Post a Comment