Skip to main content

「死ぬまでにしたい10のこと」



2016年、最初に観た映画。とても好きでした。








若くして結婚した23歳のアンが突然自分が余命わずかなことを宣告されて、その運命に向き合おうとする物語。アンには二人のまだ幼い可愛い娘と優しい旦那さんがいて、トレーラーで暮らしてる。決して裕福ではないけれど、幸せな家族。


邦題は「死ぬまでにしたい10のこと」
原題は「My life without me」



こっちの方が断然いい。


確かに、死を宣告された主人公は「死ぬまでにしたい10のこと」をノートに書き出すんだけど、それは例えば「毎日娘たちに愛してると言う」とか「髪と爪を変える」とかどれもわりと簡単に実現出来るものばかりで、なかには「娘たちが気に入る新しいママを見つける」とか「夫以外の人に付き合ってみる」とかもあるんだけど、これやらなきゃ死ねない!死ぬまでに達成するぞ!っていう執念じゃなくて、静かに死を受け入れる作業をしているように感じた。




私も主人公と同じ23歳。あと二ヶ月で死ぬって分かったら、運命を呪って、苦しんで、辛くてあがくだろう。

きっと、きっと彼女もそうなんだけど、この物語はそこに焦点を当てるんじゃなくて、むしろ“死”というフィルターを通したときにはじめて彼女が気付いた、世界の美しさや、生きている喜びを切り取っていた気がした。


私がすごくいいな、と思ったのは
スーパーマーケットで、急に綺麗な歌をBGMに主人公以外の人々の動作がスローモーションになって、ただレジを打ってる人も、棚の商品に手を伸ばす人も、まるで踊っているように見えるシーン。



“ひんやりとしたスーパーが好き 
お客は添加物が入ってないか食品ラベルを念入りに見る
でも ため息をついて食品をカゴに入れる
有害だけど 好きだから
誰も死を考えない”


命が有限だということを本当に気付いたアンにだけ見える世界だ。


何より素晴らしいなと思ったのがアン役の女優さんサラ・ポーリーの表情の演技。


ふとみせる死を憂う顔、絶望が浮かんだ瞳、だけど後半のあるシーンで彼女が見せる笑顔は、酷な運命を受け入れた人だけがみせる表情だった。年末に亡くなった私のおばあちゃんも、亡くなる一週間前、別れ際あの笑顔で手を振ってくれた。




アンは「夫以外の人と付き合ってみる」っていう項目も実現するんだけど、一線踏み越えるときのシーンが最高にロマンチックだった。



というか、旦那さんとのシーンより、出会いから最後まで、不倫相手とのシーンの方がずっとずっと感傷的で美しかった。だけど旦那さんから気持ちが離れたわけでもなくて、不倫相手と居るときだけ、母でも妻でない23歳の女性としてのアンがいたような気がした。









他にも、主治医、美容師、お隣さん、母親、父親、印象的な登場人物が沢山いて、みんな少し癖があるんだけど愛すべきキャラクターだった。(ダイエット中毒の同僚には少し苛立ったけども)


「いつか」じゃなくて今日や明日に楽しみを抱いて生きようと思った。
23歳、そして新しい年のスタートに、この映画に出逢えてよかった。












Comments

Popular posts from this blog

2017年に起こってよかったこと。

「今年を漢字一文字で表したら疲労の「疲」しかない」 昨年末、友人や家族と1年を振り返るような話になったとき、私はそう言った。
いつも狂ったように「前向きでいたい!」と自分を鼓舞して生きている人間の私にとって、こんな発言を自らするのは本来屈辱的なはずだったけれど、私の心情はいたってフラットだった。
だって、疲れたのだから。
それはこの1年の否定でも肯定でもなくて、ただただ、私が抱える事実だった。
2017年の元旦の夜の私には未来への期待しかなかった。 「今年は絶対変わるんだ、毎日をキラキラさせて夢に邁進するんだ」 という炎のような野望を抱いて、それを燃料にしてやみくもに前へ前へと動いた。
元旦の日も、寝正月なんてするもんか、と「今から初詣行こうよ!」と日も暮れたころに地元の親友を呼び出して鶴岡八幡宮で初詣へ行った。人生で初めて書く絵馬には「人生を自分で切り開く」と書いた。それから夜遅くまで鎌倉のカフェで互いの近況と今年の抱負を語り合い、帰路につくころにはすっかり心のエンジンがかかっていた。
家までの道を月を見上げて歩きながら、ふと「今年の一曲を決めよう」とapple musicの曲をシャッフルした。シャッフルをタップして、間髪入れずに力強いピアノのイントロが流れた瞬間を、私は一生忘れないと思う。
その一音目は私の脳天を直撃して、脳と心を震わせた。
思わず立ち止まって目を見開き、息を飲むほどその曲との出会いは衝撃的だった。
「素晴らしく好きな曲に出会ってしまった」と思った。
その夜書いたブログも残っている。
2017年最初に書いたブログ
そもそも、その曲をダウンロードしたのは「スターウォーズ・ローグワン」を見に行った日本橋の映画館に貼ってあったポスターにやっぱり同じような衝撃を受けたからだった。
「何このポスター、好き!」と思って、サントラをダウンロードした。それを初めて聞いたのが元旦の夜だったのだ。
親友との楽しい会話の余韻と、リズミカルな美しい音色、空には月や星が輝いていて、元旦の夜の澄んだ空気からは幸福と希望の匂いしかしなかった。駆け出したいほどの高揚感を抱いて、私は「最高の夜だ、最高の1年にできる」と確信した。お酒も入ってなかったし、恋人とも別れたばかりだったけれど、最高に晴れやかな気分だった。
だから疲れたのだ。
まるで思い通りにはいかない1年だった。 挫折…