Wednesday, January 20, 2016

浮かんでは消える日々の泡






最近ふと思い出して悲しくなる

時間は動いてるはずなのに、
気付いたら戻ってしまいそう

空中ブランコみたいだ
手を伸ばしたり 掴み損ねたり
離されたら落ちて行く





でも小説の中に生きてる訳じゃないんだから
もっとちゃんとしないと



卒論発表会に向けて本腰入れる
余計なこと考えるより野田の演劇に衝撃を受けて
「こうしてはいられない」と思った気持ちの方が
ずっとずっと大事だ






No comments:

Post a Comment