Tuesday, January 5, 2016

手紙



電話のすぐあとで手紙が着いた
あなたは電話ではふざけていて
手紙では生真面目だった
〈サバンナに棲む鹿だったらよかったのに〉
唐突に手紙はそう結ばれていた

あくる日の金曜日(気温三十一度C)
地下街の噴水のそばでぼくらは会った
あなたは白いハンドバックをくるくる廻し
ぼくはチャップリンの真似をした

それからふたりでピザを食べた

鹿のことは何ひとつ話さなかった
手紙でしか言えないことがある
そして口をつぐむしかない問いかけも
もし生きつづけようと思ったら
星々と靴ずれのまじりあうこの世で


手紙 / 谷川俊太郎





それはとても綺麗なのに目に見えない
確かに其処に在るのに見えない
言葉にすれば消えてしまって伝えることもできない

触ることも出来ないから
輪郭をなぞることも出来ないから
私は心でいっぱいにそれを抱きしめてみる

それは夜に溶けてしまう
電車に置き忘れてしまう

あるのかないのかも分からないもの













No comments:

Post a Comment