Skip to main content

Posts

Showing posts from February, 2016

映画館

人もまばらな映画館は淡く静かな夜のよう
スクリーンの白く気高い光は月
胸が詰まって涙が頬をつたっても誰も私を見ていないのが良い
映画館の中にひとり座るときだけが安心する




Suchmos 「Miree」

すき。

真空パックに閉じ込めたい時間なんてそうそうないよね
シャッターみたいに瞬きしても残るイメージなんてほんの少し
指の隙間から思い出はこぼれ落ちて いくつかのかけがえのない瞬間だけ粒になって掌の上で輝く
誰かが私の掌の上のその粒になりたいと思うように いつかの私も誰かの粒になりたかった
こぼれ落ちてしまいたくなかった
社会とか 世界とか 歴史とか
大きな掌の上でいつまでも輝く粒にはなれなくても
誰かの掌の上にあるたった一粒の光になりたい







おんなのこいろいろ

深夜にずっと観ようと思ってた「おんなのこきらい」を観た。









おんなのこ かわいい
おんなのこ きたない
おんなのこ 自業自得
おんなのこ あたまわるい
おんなのこ かっこわるい
おんなのこ かわいそう
おんなのこ めんどくさい


でも
おんなのこでいることが好き


悲劇のヒロイン気取りも中途半端な優しさも
あざとい行動も剥き出しの嫉妬も全部知ってる

私もやるから

だって愛されたいし
きらきらしたいし
ふわふわしたいし
みんなこっち向けって思う

自分以外全員可愛く見えるし
あんな子どうせって思うし
私もどうせあと数年でもうおばさんだから
綺麗なお姉さんよりかわいい女の子でいたいって思う

どっかで諦めててずっと諦められなくて
私はぎりぎりのところで前向きに女の子やってたい

と思ったよ 深夜に







the another day.

eat pray love
















食べて祈っていろんなものに恋をして 毎日を続けていく

ご飯と部屋

You are what you eat.

だから、変なものばかり食べていると変な人間になってしまう。



私は変な食べ方ばかりしてしまうから、なかなかちゃんとした人間になれない。
それから部屋も私を物語ってる。余計なものを捨てられずにどんどん混沌としていって、ある時「もういやだ」と一気に捨ててしまう。しばらくはすっきりした気持ちでいられるけれど、また徐々に余計な物が積み上げられていって性懲りもなく同じことを繰り返す。

いつの間にか無くなっていくものや、いつまでたっても其処にあるもの、なくしたと思ったら見つかるものもある。


私の人生の縮図のような部屋を、突然綺麗にしたいと思うときがある。沢山のものを捨てたいと思うときがる。性懲りもない生き物だと知っていて、それでも自分に期待をしてしまう。ちゃんと変われているのかな、私は。


綺麗な部屋で暮らして、ちゃんとしたご飯を食べて、なりたい私に少しずつ近づいていけたらいいな。


ねてもさめても

日曜日の夕日が左目に入ると、右目の視力が悪い私はほとんど何も見えなくなって、少し困ってしまう。
耳から入ってくるスガシカオの曲が夕方に丁度よくて目を閉じると、片頭痛が少しましになった気がした。
ニュージーランドの狭い部屋もよく同じオレンジ色に染まった。 私はまだあそこにいるのかもしれない。それとも何か自分の欠片を置いてきたのかもしれない。
溝の口のアパートにも 14号館にも1号館にも 4号館の図書館にも
あの映画館にも あの人の隣にも
小さな欠片を残したままだ

それから頭痛薬を二錠飲んで家から駅まで歩いた。







選択と結果

遠かったなあ、と学科の後輩や教授の前で自分の論文の発表をしながらふと思った。

先生は「結果に満足する人間になるな」って怒るかもしれないけど、私が今手にしているもの、居る場所は答え合わせのしようがない「結果」だ。いつだって、その瞬間の意思を優先してきたから。でも私すごく満足した。ここに来れて良かったと思えた。もっといい結果は幾つも存在したかもしれないけど、私には最良の日。

一番がほしい

卒業制作優秀作品発表会、優秀作品6作品の中から、優秀発表賞に選ばれた。

絶対とるって決めてた。一番が欲しかった。一番になって私のやってきたことを誰かに認められたかった。一番になる自信があるほどには一生懸命にやってきたから。
だから結果にとても嬉しくなった。最高の答え合わせだと思った。

本当に頑張ったこと、心からの野心に
「まあ、いいや」って言ってしまったら駄目だと思う

本当はスピコンだってすごく悔しかった
本当はトロフィー欲しかった
あれをこうしたら良かった、これをこうしなければ良かったって沢山考えた
本当は心の底から一番が欲しかった

認められたいって渇望するのは悪いことじゃない
その為に努力をしなければ願いのままで終わるんだから

でもひとりだったらきっと何も出来なかった
沢山の人に感謝の気持ちでいっぱいだ





イミテーションガール

女の子に生まれて良かったと思える歌
女の子は泥臭くて可愛くてたくましくて矛盾だらけで最高