Skip to main content

ふたりだった


一年前は狭い部屋にふたりぼっちで居た。

誰かがドアをノックしても
二人で笑いをこらえて声をひそめてた

安心して、あったかくて、よく眠れた。
いつものように夜中に起きてしまっても、
隣で眠ってる顔を見ると不安じゃなくなった。
胸に顔をうずめるといつもタバコの匂いがした。

今も手を伸ばしたら多分すぐ届くんだけど、もうそれはしたくない、もう要らない。

誰かの居場所を奪ってもそれは私の居場所にならないって分かったから











Comments

Popular posts from this blog

back to autumn and navy blue,

金木犀の香りを吸い込むときの胸が締め付けられる感覚も、
14歳の秋に出会った大好きな本の1行目も、
最後の最後まで大事に持っていよう

“14歳のその秋のはじまりは、何かを予感するみたいに、
世界中が完全な色に輝いて見えた。”
-よしもとばなな『High and dry (はつ恋)』より

14歳も、25歳も、私にとって人生は
ずっと何かを探して考えて続ける毎日で

私に見える世界はずっと私だけのものだけど
「ねえ見て」って誰かに教えたくなる
それはずっと変わらないけれど
誰かと出会って、話して、考えて
それで私は少しずつ変わっていく

私の気持ちと出会いで世界は出来ている
不意な出来事で時間が終わったとして
私の世界は終わらない、見えなくなるだけ

私の人生が映画で、日々に音楽をつけるなら
少しこもった声のボーカルに歌ってほしい
ゆったりしたテンポで歯切れが悪くて
シンプルな美しい言葉で歌ってほしい
こんな歌みたいに




ネイビーのワンピースを着てクリスマス映画を見て
暖かい家で大好きな人たちと食卓を囲もう
良いジャズを流して、たくさん笑って、
終わりをいつまでも名残惜しく思いながら
「楽しかったね」と言い合うような
そんな瞬間を重ねていけますように