Skip to main content

2017.1.23


すごく疲れている。自分に。
「あれも出来るぞこれも出来るぞ」
「明日はこんな私になるぞ」

そんな自分の心に疲れている。
自分の抱える炎に疲れている。
私の持つ希望に。途方もない悲しみに。
私の気持ちは、壮大過ぎるのだ。

凍えそうな寒さや
熱く胃に落ちる珈琲に
ああ生きているなあと嬉しくなり

止まらない命と時間の刻みに
幼いときの記憶を思って涙が落ちる

私の気持ちは私が思うよりずっと
大きく強く波打って遠くまで行ける。

だけど私の身体はそんな心を抱えきれない。

身体はいつも心に振り回されて
心はいつも身体に縛られている。

明日という日は途方もなく自由なのに
夜と朝はまるでタイムカードのように
ただそこにあるだけだ

でも眼を閉じれば
私は何処までも深く潜れる
たった一人、卵の殻の中で膝を抱えて
透明な世界にプカプカ浮いていられる

私はずっと私のままだ

Comments