Sunday, July 30, 2017

夏が嫌い

長く結んだ一つの髪束を根元から切ってしまいたいと思う時がある。何度も。

伸ばすのは気が遠くなるほど時間がかかるのに、切ってしまうことは一瞬。あっけない。

それでも、何度も床に落ちる髪束を想像しても、実行したことはない。

だって考えてしまうから。その後の後悔を。

明日のことを考えずに感じるままに生きることは今の私には出来ない。

明日がこわいし、明後日もこわい。

でも、立ち向かう勇気はある。いざとなったら逃げてしまえと思える図々しさもある。

私はまだ何も成し遂げていない24歳で、肩書きはなくて、お金もなくて、恋人もいない。

そこにある明日だけが私の持ち物で、それはあまり輝かしい1日ではないけれど、神様は私に想像力をくれたから、私はどんな1日も好きなように変えていける。

長く結んだ一つの髪束を根元から切ってしまいたいと思う時、その先の後悔も想像する。やがてやってくるだろう諦めも想像する。想像して、想像して、決断をする。

その決断はぬるくて、もろくて、どっちつかず。

それでいいんだ。私、自分と向き合うことすら出来ずに悩むことから逃げる人にはなりたくないから。もがいた先にしか答えはない気がする。

悔しくて仕方がないけど、それをバネにして絶対に。絶対に。

いつか、ばっさり髪束を大きなハサミで切り落として笑っていられるくらいの器の人間になりたい。



1 comment:

  1. 柚佳さんは強い女性。
    でも我慢ばかりはダメですよ。
    上を向いてばかりいると、涙が下に落ちません。
    たまには下を向いて泣いて良いと思います。
    仕事より先に恋人探しは如何?冗談です(笑)

    強い女性の歌です。
    https://youtu.be/-YuhNs1Brs0

    ReplyDelete