Skip to main content

冷えた朝の空気とか


どうでもいい惰性の恋愛なんて耐えられない。それならひとりで本を読んだり映画を観たりしてあれこれ考えてる時間の方がずっと豊かな気持ちになる。お互いがいないとダメになってしまう恋愛も友情も楽しくない。自立したひとりずつが手を取り合ったときにもっと大きなエネルギーになる方がワクワクするから。恋愛とか、彼女とか、親友とか、形式の言葉が苦手。

確かに、意味のないものなんてひとつもないんだけど、どうでもいいものは本当にどうでもいいと割り切る勇気を私は持ってたい。私が大切だと思うものは、人がどうでもいいと笑っても絶対に大切にする。冷えた朝の空気の中で考え事をする時間とか、髪の毛のサラサラする調子の良さとか、私が好きなものは私がちゃんと大切にする。




星野源は「くだらないの中に愛がある」と歌うけど、それは彼が日常に本気で向き合っているからこそ気づける尊いもの。


いつだってふいに死んでしまうのが人間だ。生きている意味をもっともっと感じたいから生きている。「考えすぎだよ」と言われても、思考することをやめられない。「些細な日常の幸せに人生の意味はあるんだよ」と言われても、テンプレのそれを得て満ちたりた気持ちになるなら野心と夢をちゃんと形にするまで満たされてたまるか、くらいの気持ちでありたい。自由に身軽に生きてたい。でも分かち合いたいし寂しいのは嫌だ。矛盾だらけの私でいたい。明るく朗らかにのびのびと生きられる場所に住みたい。綺麗になんてまとまれないし、物分かりの良い恋人にも娘にも部下にもなれなくていい。私は自分が惹かれたものを信じて、それを大事にする。恋愛も会社も家族、私が選んだ大事なもの。それは鎖じゃないから、私はいつだってどこにでも行ける。

Comments

Popular posts from this blog

back to autumn and navy blue,

金木犀の香りを吸い込むときの胸が締め付けられる感覚も、
14歳の秋に出会った大好きな本の1行目も、
最後の最後まで大事に持っていよう

“14歳のその秋のはじまりは、何かを予感するみたいに、
世界中が完全な色に輝いて見えた。”
-よしもとばなな『High and dry (はつ恋)』より

14歳も、25歳も、私にとって人生は
ずっと何かを探して考えて続ける毎日で

私に見える世界はずっと私だけのものだけど
「ねえ見て」って誰かに教えたくなる
それはずっと変わらないけれど
誰かと出会って、話して、考えて
それで私は少しずつ変わっていく

私の気持ちと出会いで世界は出来ている
不意な出来事で時間が終わったとして
私の世界は終わらない、見えなくなるだけ

私の人生が映画で、日々に音楽をつけるなら
少しこもった声のボーカルに歌ってほしい
ゆったりしたテンポで歯切れが悪くて
シンプルな美しい言葉で歌ってほしい
こんな歌みたいに




ネイビーのワンピースを着てクリスマス映画を見て
暖かい家で大好きな人たちと食卓を囲もう
良いジャズを流して、たくさん笑って、
終わりをいつまでも名残惜しく思いながら
「楽しかったね」と言い合うような
そんな瞬間を重ねていけますように